中国人をアテンドしたら疲れたの巻

急遽私の友人の中国人の日本観光アテンドをすることになった。近年の中国人の日本旅行スタイルの変遷は目まぐるしく変わってきている。2010年代初頭は爆買い!団体旅行!TOKYO!SUSHI!と紋切り型の観光スタイルだったが、2010年代後半は個人旅行者が増えたのも相まって彼らの旅行スタイルは細分化してきている。今回は北京在住30歳女性の個人旅行のアテンドをしたので、そこから得た現代中国人の1サンプルをご紹介したい。

初日から私は“わざわざ”成田空港へ迎えに行った。羽田にしてくれればいくらか楽なのだが…中国人からすると『成田』と『羽田』の区別は紛らわしく、とにかく東京の空港に行けばよかろうと認識されているみたいだ。1番安価に都心へ行ける京成線に乗り、「1時間以上かかるよ」と告げると「なぜそんなにかかるの!?」と言われる。ゴメンネ、日本の空港は遠いのさ…。「日本人は電車の中でうるさくしないのね!」成田から出たばっかだから乗ってるの外国人なんですが…。

次の日私は彼女に茶道を体験してもらおうと白金台にある八芳園へ連れて行った。ここには見事な日本式庭園と150年の歴史を持つ茶室があり、ひそかに海外の方に人気を博しているスポットである。

こちらでは茶道が体験できる。立礼式が一人2,160円、広間席(和室でじっくり)が一人8,640円。結論から言うとおそらく広間席の方が喜ばれるだろう。今回は予約が詰まってたので立礼式にしたが、割とあっさりと終わったので彼女はコスパ的にどうなんだと、喜び半分・少し不満のようであった。ただもてなしてくれた方は英語と中国語の解説を準備してくださっていって、とても助かりました。茶室だ千利休だ何だを通訳するのは骨が折れる…。庭園はタダで入れるのでぜひどうぞ。

と、観光初日にして彼女のカメラのレンズが壊れる。彼女は写真家でもあるので、曰く「カメラが無いのは手が無いのと同じ」だそうで、西新宿の中古カメラ街へ連れて行く。カメラのキタムラで見てもらうも修理に一カ月はかかるし費用もかかると。では中古のレンズを探そうとなったのだが、これはどこの国の人も同じなのだろうか、いわゆる女の買い物は長い、である。最近はネットで見れば最安値が分かるのだが、自分の眼で確かめないと気が済まないらしい。ネットの中国人コミュニティに聞いたらしく、ビックカメラとヤマダ電機に行きたい!と言ってきかない。私は言う。ビックカメラとかに言っても中古は無いし、基本定価だぞ、と。それでも口コミ文化が強力な中国、眼の前の日本人の言うことは聞いてくれやしない。結局ビックでもヤマダでも見つからず、西新宿の中古カメラ屋に戻って買う。よかったね(怒)!

せっかく新宿に来たのだからと都庁へ案内。東京の街並みを貴方に見せたい。無料でな!!スカイツリーも六本木ヒルズも展望室に行くには金がかかる。その点都庁はタダである。免費!!

晩飯をどこか日本料理の店でと思ったがご本人が日本のスーパーを見てみたいとのことで、スーパーで買い物をしてうちに帰る。

 ピンボケ失礼

流石中国人、料理はうまい。豆腐煎(中国式豆腐ステーキ?)、小松菜炒め、もやしの卵炒め、豚肉の西京漬け焼き。豆腐ステーキは豆板醤と醤油で香ばしく濃厚。

翌日は一人で観光していただいて、夜に新宿で合流。ベタベタだが新宿ゴールデン街へご案内。目論見通り東京ローカル感をお楽しみいただく。「深夜食堂の世界ね!」そう、深夜食堂は中国でも人気なのである。料理店のオヤジと客のカウンター越しの交流が新鮮だそうだ。深夜食堂の店は無いが、せっかくなので店主と交流できる飲み屋へ。写真家の集まる飲み屋、『こどじ』。森山大道氏も来られるという名店。狭い店内に所狭しと写真が飾られ、日によっては展示もしている。本日は展示があり、幸いなことに写真家ご本人も飲みに来られて、せっかくなのだからと彼女の写真作品を見ていただいた。「刺激的だね~。どんどん発表するといいですよ」とのお言葉をいただき彼女満足僕満足。このお店は飲み物一律600円(お通し600円)、食べ物は近隣の店から出前可能、かわいい女性マスター、写真集見放題の素敵なお店。芸術方面お好きな外国人の方には喜ばれるでしょう(外国語不可ではあるが)。

続く!(多分)

 

おまけ

西新宿の理容室広告。「こんなセクシーな広告中国には無い!」だそうです

中国における日本カルチャー

中国で日本の漫画・アニメはやはり強い人気がある。しかし私は真面目にこれを論じるつもりはなく、この記事はただ単に面白い写真が撮れたのでお見せしたいだけの記事である。

上海の中心街、南京路と外灘の間にあるまさにオールド上海、古き良き風情の残るエリアで見つけたこの壁画。

画面左の「中国我的夢」というのは中国政府が掲げているキャッチフレーズで、アメリカンドリーム的な、ようするにチャイニーズドリームの意である。画面右の「自由」はこれまた政府が掲げる「社会主義核心価値観」というスローガンの一部である。そして真ん中のイラストは…あたしンちのお母さん!?

このスローガンは自由だけでなく「富強」「民主」「文明」など全部で12の熟語で構成されており、このあたしンち壁画もそれらすべてにイラストが添えられておりとても見応えがある。

このあたしンちストリートは寧波路と四川北路の交わるあたりにあり、観光スポットからもほど近い。好きな人(何の?)にはたまらないストリートである。

続いては上海図書館で見つけた日本カルチャーである。『知日』という日本文化を仔細に紹介している雑誌があるのだが、その内容は日本人の私から見ても驚くほどの詳しさがあり、そして編集も意欲的である。今回はその知日を図書館で見つけたのだが、左の写真、「実録!!山口組特集」と書いてあり、まあ、そういうことだ。表紙のデザインも意欲的である。右の写真は「源氏物語、一本満足!」。一○満足バーか。

ちなみに上海図書館の近くにはフーターズがある。清く貧しき中国も今は昔。米国資本主義的文化に染まってしまったのである。

現地の中国人友人のお宅に誘われ、上海郊外の住宅街へ往く。地下鉄3号線「殷高西路」駅を降りてすぐ出くわした日本カルチャー。なかなかの力作。しかもアニメ絵ではなく原作ドラ。

その友人は高層マンションを数人でルームシェアして住んでいる。ベランダから外を見ていると、郊外にもかかわらず延々とマンションが続き、この1棟1棟に人が住み各々の人生を生きているのだと思い果てしない気持ちになった。

その帰り道、思わず「!?」となる光景に出くわした。

!?

よく見ると…

イニシャルDじゃないか…

中国でもイニシャルDは人気だということなのか。車種は違うが、その心意気は伝わった。

 

上海ではなく中国奥地の沙漠の街で見つけたもの。ドラえもんの車止め。一生懸命手塗りしたんだなあと思うといじらしく思える。

クレしんは「蝋筆小新」という名で中国でも人気である
あっ…

北京・798芸術区。コンビニギャラリー。

798芸術区はかつては軍需工場をはじめとする広大な工場地帯だったのだが、いつぐらいからか芸術家達が集まり始め、2000年代からギャラリーやアトリエが集積する一大アートエリアとして知られるようになった。ニューヨークのソーホーに例えられることも多いが、年を経るにつれ観光地化されていき、アートというよりエンターテイメントの要素が強まって行ったようにも思う。私が初めて訪れた2010年の時点で有名な観光スポットだったが、それでも若い貧乏なアーティストが共同アトリエで制作に励んでいる姿を見かけたものであった。安宿もエリア内にあり、そこのドミトリーの3段ベッドの一番上を私、その下2つを美大を卒業したばかりの2人が使っていた。彼らとは一緒に食事に行ったり、作品を見せてもらったりなどしていた。またここに来れば会えると思っていたが、その宿は次の年には無くなっていた。

まあそんな思い出話はいいとして、かつての超巨大トキワ荘は依然アートの発信地であり続けてはいるが、観光地化も著しい。その一方でテクノロジーの先端エリアの様相も垣間見せる。エリア内にはドローンで有名なdjiのショップや、ヒュンダイのブランド体験スタジオ、隣の751デザインパークにはアウディとフォルクスワーゲンの研究所がある。

いろいろ先端のものが集まっているみたいだが、その中でも「これは!」と思ったのが、“コンビニギャラリー”である。まずは写真をご覧いただきたい。

     

「24時間 Lin 隣家便利店」という名前のようである。そしてその下に「Songyang art + collection」とある。最初これはこういうインスタレーション作品なのかな、と思ったのだが、どうも本当にコンビニらしい。

ご覧の通り、コンビニはコンビニなのだが、壁に何枚も絵が飾られていてまるで展覧会のようである(絵の前に商品を置いているのが雑だが)。近年日本でもコンビニがフィットネスジムやコインランドリーを併設するなどのトレンドがあるが(ちなみに神保町には卓球場の併設されたファミマがある)、アートギャラリーとのコラボとは…面白い。ギャラリーを兼ねているカフェなどは多いが、コンビニで絵を見るという発想は全く無かった。みんながみんな絵を見るわけではないし、そもそもコンビニはじっくり絵を見る場所ではないが、生活の場にアートが存在するというのが大事だ。アートは置かれるだけで場の空気を変える力がある。ぜひ日本でも始めてほしい。儲からなさそうだがコストもかからなさそうだし。

あと他に面白かったものを少しばかり。

これはコンビニギャラリーではなく、コンビニっぽいアートである。農夫山泉という国民的ミネラルウォーターがあるのだが、それに重金属が混入していたニュースをモチーフにした社会派アートである。詳しいことは知らないが、金にもならないことをチャレンジするのは大したもんだ(適当)。

工事中の一角の外壁、近づいてよく見るとなんと麻雀牌。なんと馬鹿げたアイデア。見た瞬間とても嬉しくなってしまった。ちなみに中国の麻雀牌は日本のより少し大きい。

上の部分はダイスというこだわり。しかし一体何のテナントが入るかは知ることができなかった。流石に賭博場ってことは無いと思うが…

 

最近はエリア北側にある草場地芸術区の方がアートスポットとしてはあまり観光地化されすエッジが立っているとも聞く。また、798芸術区に隣接する751デザインパークは工場好きの人にはたまらない場所である。751デザインパークは今回訪れたので、いずれ写真をつらつらと掲載したいと思う。

上海・張慈中書籍装幀設計芸術館

中国の書籍装幀デザイン第一人者、張慈中。戦後の新中国成立以降半世紀以上活躍している御仁である。国家の出版物のデザインを多く手掛けており、中華人民共和国憲法や毛沢東選集、党の機関紙『紅旗』なども彼の仕事である。日本のデザインもそうだが、こういう黎明期のデザインは人の手触りが感じられて、どこか懐かしかったりする。

張慈中は1924年上海・楓涇古鎮生まれ。楓涇古鎮の中にこの『張慈中書籍装幀設計芸術館』が建てられたのは2016年の頃、その当時の記事によると本人はご存命とのことでずいぶん長命な方であり、長らく中国のデザインとその発展を見てこられたのだろうなあ、と思う。

館内の解説を読むと元々上海や杭州で広告デザインの仕事をしていたそうで、上海広告デザイン界の“四小龍”の一人と称されたそうだ(この通り名のセンスたまらないですね)。その後広告デザイナーから書籍装幀家へと転向し、北京市の文化委員会主任を務めるなどしながら、わりあい国家的・公的な仕事を多く手掛けてきたそうだ。

中華人民共和国憲法の装幀を1954年に手掛け、その時用いた自作の長宋体が中華字体庫(書体を収めた辞典みたいなもの?)に収録され広く使用されるなど、現代中国の文化に与えた影響は大きい。

 

とまあこんな感じで、デザイナーの私としてはとても興味深く観ることができ、思いの外時間を使ってしまった。

話は変わるが、中国に来た際はぜひ本屋に寄ってみてほしい。中国語が読めなくとも、日本とはまた違った装幀デザインに目を奪われることだろう。ディテールや品質、マーケティング意識などは日本のデザインの方が断然良い。しかし元気さというか、自由さ、彩りの幅広さなどは中国のデザイン、見ていて実に楽しい。

上海・楓涇人民公社旧址と毛沢東バッヂ珍蔵館

人民公社を簡潔に説明するのは難しい。とりあえず戦後から改革開放(1978)に移行するまでの期間、平たく言えば村役場や行政の末端の組織、農協、のようなものとして存在していた。中国計画経済時代を象徴する遺構である。社会主義市場経済の現代中国で繁栄を謳歌する上海、その郊外でかつての中国を垣間見る。

中国江南地域の典型的水郷である楓涇古鎮の風情を楽しみながら歩いて行くと辿り着く。

中に入ってみるもあまり広く無く、集団生活の場はおそらく取り壊されたのだろうか、こじんまりとして寄り合い所のような雰囲気を出していた。しかしなかなか社会主義感というか革命感というか、ほんのりディストピア味が感じられる場所であった。

そしてこの人民公社跡の奥には驚愕の記念館がある!

その名も『毛沢東徽章珍蔵館』である! 穆時方という人物が蒐集した毛沢東バッヂを展示している。その展示方法がユニーク。数百のバッヂを使って一つの壁画のような作品としてプレゼンテーションしているのである。

バッヂだけでなく毛沢東の像、毛沢東のマグカップ、毛沢東のお皿…毛沢東マニアには垂涎ものである(?)私はファンではないがこの熱量には圧倒される。

毛沢東グッズではないが、なんと社会主義バリバリの頃の必須グッズ、配給券も展示されている! 計画経済だったころは食料や生活必需品は単純に金では買えなかったのである。1950年代から1990年代初め頃まで使われていたらしいが、開放経済に切り替わった80年代からは配給券が無くとも金で普通に買えるようになったそうだ。

ちなみにさらに奥に進むと戦闘機が展示されている。いわゆる愛国国防教育のための展示らしい。

6月の上海は暑い。ぼんやり歩いて回っただけなのに大分疲れてしまったが、この珍奇な展示に出会えて私はとても満足していた。

 

上海・楓涇古鎮

上海中心部の喧騒を離れて、ローカルで伝統的な小さな水郷の村、楓涇古鎮(ふうけいこちん)へ。上海近郊の水郷といえば周荘や七宝街などが有名で見どころも多いと聞くが、この楓涇古鎮もなかなか見どころが多くそれでいて観光客が少ないという穴場であった。

 

とまあこんな感じの町である。伝統的な上海・江南地域の風情が楽しめる。

どこにでもあるスタバ、どこにあってもスタバとしての風体・品質を保っており見事なクオリティコントロールである。スタバは数年前にそのロゴから「STARBUCKS」の文字を無くす決断をしている。ブランドが消費者に充分浸透したから文字は不要との判断だが、文字を無くすことで景観に溶け込めやすくなっているようにも私は思う。それでいてちゃんと存在感があるのも立派だ。

ちなみに上海市にはスタバが約600店舗あるらしい。日本と同じくらいの価格なのにこの人気はどこに理由があるのだろう…。(参考までに、東京都が約300店舗。ちなみに私の故郷では昨年やっとスタバ第1号がオープンし、そのことを親戚の叔母さんが興奮気味に語っていたのだが…)

 

実は楓涇古鎮へ来たのは町の風情が目的ではなく、人民公社跡地が目的であった。私は特別歴史好きではないが、現地駐在の方からおすすめされたのでせっかくだから行ってみるかとなった次第である。これが大当たり、上海・江南の風情どころじゃなくて中国近現代史、改革開放以前の管理的な社会主義ディストピア感を満喫できるスポットであった。この人民公社跡についてはまた別記事で記したいと思う。

そしてもうひとつ、中国ブックデザインの大家、張慈中の博物館もこの水郷にあり、デザイナーの私としてはとても楽しく観覧することができた。この博物館もまた別記事にて記したいと思う。