グループ展@青山見本帖 印刷立ち合い

日本を代表する箔押し加工専門会社、美箔ワタナベさんへ印刷立ち合いにお伺いしました。

久しぶりの印刷立ち合い。予算の都合上か校正刷りすら出さない昨今ですが、やはり現場に足を運ぶのは大事と実感いたしました。特に今回は特殊加工の立ち合い。発見が多く、大変勉強になりました。

以下を参考にしていただければと思います。

●箔押し加工の当日立ち合いでできること:箔の種類の変更、箔を押す強さ・温度の調節

●できないこと:版の修正。版はもう出来上がっちゃってますからね。

●できるかできないか場合による:用紙の変更。在庫があればいけるか…?

版を押す強さと温度で、箔のヌケとムラが変わってきます。しっかり押せばベタ面のムラは出てきません(うまくいかないとピンホール的な微細な穴が出てくる)。しかしその分細い線や輪郭のヌケ(くっきり感)が甘くなってしまいます。

これがムラ。本来はベタなデータだが、どうしても均一に剥がれてくれない
うまくいった例。細い線はくっきり、ベタ面はペッタリ

試し刷りを何度かして問題点を抽出します。ここで大事なのは、この最終段階においては全てを解決するのではなく、何を活かして何を目立たなくさせるかという取捨選択です。今回の例でいえば、線をくっきりさせるか、ベタ面をキレイにするか、です。黒い用紙だと箔とのコントラストでムラが目立つけど、白い用紙だとコントラストはあまり無くムラは目立たないので、じゃあ多少のムラは出てもいいので線をくっきりさせてくださいという判断になります。逆に黒い用紙は線のくっきりはあきらめて、ムラは出ないようにしてください、となります。

しかし印刷した現物はほんと素晴らしい。デザイナーが作った版下に最後の魔法をかけてくれるのは印刷です。自分が作ったデータが顕現されるときはいつも新鮮な喜びを感じます。

溜息ものでした
試し刷りですが、箔にまた別の箔が押されるとウットリするような世界が現れる
妖しくミステリアスなレインボー箔
ビルとそのテクスチャーの相互作用が世界を生む

ごぶさたです-10・11月-

ご無沙汰しておりました。気づいたら2カ月更新していませんでした。生きてます。インフルにかかりはしましたが。調べてみたら今まで1ヵ月に1度は更新してたみたいです。

●郡山に研修旅行に行ってきました

福島県郡山市にCCGA(現代グラフィックアートセンター)という版画専門の美術館があり、そこの展示を見に行きました。

初めての郡山を堪能しました。

東京から高速バスで4時間ほど。片道2,500円でした。宿も平日でやっすいのを探したのでだいぶ格安旅行に仕上がりました。フリーランスの特権でしょうか。

 

●ウェアハウス川崎見てきました

川崎にある伝説のゲームセンター、ウェアハウス川崎が閉店するということで急いで見に行きました。ウェアハウスって言うから何かホームセンター的な店舗かな?と思ってたのですがゲームセンターだったんですね。しかもあの香港の魔窟・九龍城を再現した内装で有名だそうです。

九龍城への愛が随所に感じられました。かつての九龍城は犯罪の温床と呼ばれていたそうですが、じつは中で経済圏ができあがり、自治もなされていて、病院なんかもあったそうです。とくに歯医者が多く営まれてたそうです。九龍城にゲーセンがあったとしたらこのウェアハウスみたいな感じだったのでしょうね。

閉店を惜しむ多くの人でごった返しておりました。中には外国人の方も多く見られました。クールジャパン!って感じでしょうか?クール香港?

●展示をちらほら

オザキエミさんイラスト展示@THE LOCAL COFFEE STAND(青山)

紙わざ大賞展@交通会館

カール・ゲルストナー@GGG

●印刷工場の見学に行きました

箔押しで有名な美白ワタナベさんと、パッケージで有名な協進印刷さんの工場を見学しました。

内部の写真をお見せできないのが残念です。

●インフルエンザにかかりました

インフルエンザのせいか新薬のせいか分かりませんが不思議の国のアリス症候群みたいなのを発しました。体の内部で抽象的な物体がとてつもなく大きくなっていく感覚に襲われました。

●草野球でオールスターMVP獲りました

所属してる草野球リーグのオールスター戦(といっても特別に選ばれて出場するわけではなく、有志によるお楽しみ試合的なものです)で投げては4回2失点、打ってはタイムリー3塁打の成績をおさめMVPをいただきました。今年は何らかの賞が欲しいと思ってたのでとてもうれしいです。来年はシーズンMVP獲りたいな。

 

伊豆見香苗・チャンミー 2人展『たのしい生活』

Twitterでお見掛けして以来何故か気になって仕方ない“今をときめくクリエイティブキャット”『チャンミー』の絵画作品の展示がされているということで間隙を縫って阿佐ヶ谷VOIDまでお伺いしました。(阿佐ヶ谷VOIDは以前ZUCK氏が個展をされたところ。阿佐ヶ谷駅から歩いてすぐ)

“伊豆見香苗・チャンミー 2人展『たのしい生活』” の続きを読む

展示終了御礼

遅ればせながら、8月初旬に行われた我々の展示、無事終了いたしました。ご協力いただいた方々、ご来場いただいた方々、多くの皆様に感謝いたします。(無事終了感謝というかそもそも無事開催できたことが感謝ですが…) “展示終了御礼” の続きを読む

伊藤耕平・高宮宏之 二人展「振動、放射、反響」

絵画の展示をします。友人の物書き高宮君との二人展です。自分たちにとって初めての自主展示なので準備やら制作やらで忙しくさせてもらってます。私はアクリル画を、高宮君は小説を展示します。自分たちにとって夢の第一歩です。 “伊藤耕平・高宮宏之 二人展「振動、放射、反響」” の続きを読む

書評『ならず者たちのギャラリー  誰が「名画」をつくりだしたのか?』著:フィリップ・フック

有名なオークション会社『サザビーズ』の重役が綴る美術品とそれを扱う画商の歴史。 “書評『ならず者たちのギャラリー  誰が「名画」をつくりだしたのか?』著:フィリップ・フック” の続きを読む

北京・798芸術区。コンビニギャラリー。

798芸術区はかつては軍需工場をはじめとする広大な工場地帯だったのだが、いつぐらいからか芸術家達が集まり始め、2000年代からギャラリーやアトリエが集積する一大アートエリアとして知られるようになった。ニューヨークのソーホーに例えられることも多いが、年を経るにつれ観光地化されていき、アートというよりエンターテイメントの要素が強まって行ったようにも思う。私が初めて訪れた2010年の時点で有名な観光スポットだったが、それでも若い貧乏なアーティストが共同アトリエで制作に励んでいる姿を見かけたものであった。安宿もエリア内にあり、そこのドミトリーの3段ベッドの一番上を私、その下2つを美大を卒業したばかりの2人が使っていた。彼らとは一緒に食事に行ったり、作品を見せてもらったりなどしていた。またここに来れば会えると思っていたが、その宿は次の年には無くなっていた。 “北京・798芸術区。コンビニギャラリー。” の続きを読む