グループ展@青山見本帖 印刷立ち合い

日本を代表する箔押し加工専門会社、美箔ワタナベさんへ印刷立ち合いにお伺いしました。

久しぶりの印刷立ち合い。予算の都合上か校正刷りすら出さない昨今ですが、やはり現場に足を運ぶのは大事と実感いたしました。特に今回は特殊加工の立ち合い。発見が多く、大変勉強になりました。

以下を参考にしていただければと思います。

●箔押し加工の当日立ち合いでできること:箔の種類の変更、箔を押す強さ・温度の調節

●できないこと:版の修正。版はもう出来上がっちゃってますからね。

●できるかできないか場合による:用紙の変更。在庫があればいけるか…?

版を押す強さと温度で、箔のヌケとムラが変わってきます。しっかり押せばベタ面のムラは出てきません(うまくいかないとピンホール的な微細な穴が出てくる)。しかしその分細い線や輪郭のヌケ(くっきり感)が甘くなってしまいます。

これがムラ。本来はベタなデータだが、どうしても均一に剥がれてくれない
うまくいった例。細い線はくっきり、ベタ面はペッタリ

試し刷りを何度かして問題点を抽出します。ここで大事なのは、この最終段階においては全てを解決するのではなく、何を活かして何を目立たなくさせるかという取捨選択です。今回の例でいえば、線をくっきりさせるか、ベタ面をキレイにするか、です。黒い用紙だと箔とのコントラストでムラが目立つけど、白い用紙だとコントラストはあまり無くムラは目立たないので、じゃあ多少のムラは出てもいいので線をくっきりさせてくださいという判断になります。逆に黒い用紙は線のくっきりはあきらめて、ムラは出ないようにしてください、となります。

しかし印刷した現物はほんと素晴らしい。デザイナーが作った版下に最後の魔法をかけてくれるのは印刷です。自分が作ったデータが顕現されるときはいつも新鮮な喜びを感じます。

溜息ものでした
試し刷りですが、箔にまた別の箔が押されるとウットリするような世界が現れる
妖しくミステリアスなレインボー箔
ビルとそのテクスチャーの相互作用が世界を生む

グループ展@青山見本帖

紙の専門商社・竹尾の青山見本帖にて、デザインのグループ展を開催する。というかもう開催してまして、今更記事書いててお恥ずかしい…(なんなら明日が最終日だし)

竹尾が主催する若手・中堅のクリエイターを対象とした勉強会に、去年の4月より参加していた。月一で印刷工場に見学に行ったり、紙や印刷の専門家のお話を聞いたりした。その集大成としての展示発表である。

百戦錬磨のクリエイターたち各自の解釈による作品をお楽しみいただけるかと。

展示風景(青山見本帖のFacebookより引用)

箔押し印刷の最高峰・美箔ワタナベさんの工場見学に行った際、その精度、そして箔の美しさ・インパクトに魅了され、これは絶対箔押し印刷で作品を作るぞ!と早々に決め、デザインや予算や加工を検討してきた。

そこで一番気がかりになったのはやはり、箔押し加工は費用がかかるということ。普通の印刷の数倍はかかる。箔押しというのは版(金型など)の面積に応じて費用が大きく変わる。B1ポスターの全面を箔押しするとなると、おそらく数十万はかかるだろう。そこを工夫でクリアしたら面白いのではないか。

そこで考えたのが、一つの版を一枚のポスター上で何度も使いまわし、版代を抑えつつインパクトを出せないか、というアイデア。一つの版で、箔の種類(金箔、銀箔、カラー箔など箔の種類は100種類にも及ぶ!)を変えて、紙と箔の組み合わせを楽しんでいただけないか、という趣旨である。

最後まで迷いながらもなんとか案を1つに絞る。そこから実制作に入る。まずはB1サイズを作って、そのサイズ感を体感。この現物を意識するというのは大事である。チラシならA4、パンフレットもだいたいA4、名刺なら名刺のサイズ感、現物を脇に置いて意識するのが着実な仕上がりにつながる。

B1サイズを手作りする

 

とはいえB1は初めてなので、なかなか全体像、見え方がつかみ辛い。そういう時ほどさっさと手を動かしていわゆるPDCAサイクルを回すのが大事。一見遠回りなようで一番早い。でも何も見えない状態で作業するのは雲をつかむようで、辛い。 

モチーフは東京のビル群。なぜだか知らないが自分は小さい頃からマンションやオフィスビルを眺めるのが好きだった。個々の建築が好きなのではなく、全体としての街景が好きなのである。ゲームでは『シムシティー』や『A列車で行こう』が好きだった。

 

 ビルをどう描くか、真正面から見た正面図法的に描くか、斜め上からのアクソノメトリック図っぽく描くか。ベタ面をどれだけ取るか、罫線の細さはどれくらいがいいか…など検討したいことは多い。

忘れてはいけないのが、紙である。パソコン上だけでは分からないのが、この紙選びである。とくに今回は紙の専門商社・竹尾の主催する展示である。紙と加工とデザインの組み合わせをぜひ楽しみたい。

とか何とかやってできあがった版下がこちらである。

1つの版を11回押すというアイデアである

 

 

美箔ワタナベさんでの工場立ち合いについては後日書きます!

2020年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

毎年年賀状を自作しております。年賀状発行数は右肩下がり、企業も虚礼廃止させていただきます、という世の中ですが、グラフィックデザイナーである私にとって年賀状というのはクライアントワークではないデザインをするあまりない機会なので、毎年年末にひいひい言いながら取り組んでいる。

自分はお酒とかタバコのパッケージの、ああいうソリッドでカッチリしてそして世界観があるデザインに憧れがある。またアートではソル・ルウィットダン・フレイヴィンの無機的で、しかし堂々たる物理的存在感の作風に憧れる。

まあそこまでとは言わなくても、なんか文字と線だけで構成できないかなー、と。そして正月や干支モチーフを安易に使いたくないな、他と差別化したいな、と思っている自分がいる。

いろいろ試してみた。やっぱりいかにも正月みたいな赤は使いたくなかった。でもいくらなんでも暗すぎるな。あと全くのノーコンセプトは作ってて辛いな、筆が進まんな、とも思った。

うーん、2020か~、二千二十、ニセンニジュウか~…よし、二線二十、2つの線を20セット使おう!としょーもないダジャレコンセプトが浮かんでしまった。

用紙も迷った。ソリッドさを際立たせる塗工紙系、あえての手触り感マーメイド系、その中間…

いくつか検討して、結局NTラシャのグレーに決定(ネズミ色ということで…)。

 

印刷はEP印刷さんにお願いし、台湾の工場で箔押ししていただきました。

入稿データ。ツヤありの銀箔押しは「亮銀」、ツヤあり黒箔押しは「亮黒」って言うんですね

 

年末で工場も忙しい時期ですが、なんとかご対応いただき、届いたのがこちら。

線は銀の箔押し、文字の部分は黒の箔押しです。銀の箔押しとオフセットスミ1色のつもりでしたが、この場合黒も箔押しの方が安くなるとご提案いただき、まさかのダブル箔押しに。さりげに豪華。宛名面に一筆一筆メッセージを手書きし、毎年年賀状をやり取りしてる方を中心に送らせていただきました。(大晦日に…)

出来上がった年賀状が自分らしいのかどうかはわからないけどとても良いトレーニングになりました。自分自身のクリエイティブ・エゴというのは抑えるばかりではデザインに活力が無くなってしまうような気がします(たとえクライアントワークでも)。こうしてたまにはデザイン学生の頃のように独りよがりなデザインをしてみるのも必要かと思います。

 

大晦日に年賀状投函後、実家に帰省しました。年を越してすぐ家族で近所の神社に初詣、やはり東京に比べて星がよく見えるなあと夜空を眺めてたら一筋の明るい流れ星を見ることができました。雌伏の時を終え、今年は開花の時期にしたいと思います。

今年もよろしくお願いします!

 

 

追記:紙の専門商社、竹尾さんの見本帖本店(神保町)にて開催中の「クリエイター100人からの年賀状」展にて私の年賀状も展示していただいております。ぜひご覧ください。

https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20200128.html

五十音順の展示のおかげでけっこういい場所に置いていただいてます

2019年読んだ本

2019年ももう終わろうとしています。早い。早すぎる。2019年になったばかりじゃないか!次は2020!?まだ2010くらいの気分だぞ!?スタンド攻撃でも受けてるのかってくらい時が過ぎるのが早い!

さて。

今年も本をなんとか50冊読むことができました。読書家とは言えない量ですが、自分にしては読んだ方です。この空虚に思える1年も、ああこんな本読んだなあ、意外と1年中身あったのかもなあ、と思い直すために今年読んだ本をいくつか抜粋で振り返りたいと思います。

 

知の逆転』吉成真由美 編

ちょっと古い本ですが(2012年)、ジャレド・ダイアモンドやノーム・チョムスキー、ジェームズ・ワトソンら各分野の賢人にインタビューした本。科学は人間の生きる意味に答えを出さない。哲学や芸術が見つける助けになってくれるのだろう。

アートは資本主義の行方を予言する』山本豊津

アートディーラーの著書。アート作品には作者の主観的な世界があることが大事だが、一方で客観的に世の中にコミュニケートするという開かれた姿勢が無いと独りよがりなものになってしまう。しかし!売ることが目的となったら作品から品格が失われてしまう。いい意味でのアマチュアリズムが根源に無いとね。

また、芸術家の社会的機能というのは“解決”することではなく、“問い”を世の中に提示することである。そのためには今の世の中を批判的にとらえる思考力、そして違和感に気づく感性が必要。

 

現代アートとは何か』小崎哲也

現代アートは「現代美術」と訳されるが、実はこの場合のアートは美術だけでなく知の術とも訳せる。現代知術。という記述がなるほどと思った。今年のあいちトリエンナーレの騒動なんかもそうだけど、現代アートが分かりづらい、意味不明と言われてしまう原因もこの美という言葉の強さによるところは大きいのかもなあ。

期待の科学』クリス・バーディック

何かに対する期待・予感がその後の体験に影響する。プラシーボ効果なんかもそんな話。プロダクトそのものに関わらないデザインはこの期待に関わるのだろうな。

 

北欧!自由気ままに子連れ旅』織田博子

大学の友人の著作。旅はあとから思い出すために行くのかもしれない。のんびりとした北欧生活に浸れた。

人はなぜ「美しい」が分かるのか』橋本治

すごい眼力。巷でよく言われる「美しい=合理性」説を見事否定してくれたのには喝采を送りたい。徒然草の作者兼好法師を美が分からない男と看破し、徒然草を分析・解説した段もホント、人文系すごいなあと。大昔の人が残した意思を現代人が解凍してくれたんだから、多少こき下ろされてもいいよね?

真っ向勝負のスローカーブ』星野伸之

120㎞のストレート、110㎞のフォーク、90㎞のスローカーブ。打者心理をよく理解して、3つの球種のジャンケン勝負に持ち込む。圧倒的な速球を持たない著者がプロで176勝した秘訣が語られる。ちなみに駆け引きが大事なピッチャーだからこそ、何も考えてないルーキーにはよくドカンと打たれていたそうだ。そういえばドカベンプロ野球編でもDH解除した松坂にホームラン打たれてましたね…

野村監督の星野伸之評が面白い。「おまえを見ているとどうもオレの理論が覆されるんだよなぁ。ケツは小さいし、メシは食わない、足が速いわけでもないし、球が遅い。遠投も70mくらいしか投げられないだろ?いったいどういうことや。まあいい。“芸術”にデータは不要や」

伝奇集』J.L.ボルヘス

ボルヘスの代表的短編集。「円環の廃墟」で入れ子状で循環的な幻想を描き、「バベルの図書館」で無限で周期的な空間を表現し、「八岐の園」で網目状の時間という概念を提示した。いずれも人間の直観と反する世界を描いているが、相対性理論や量子力学、多次元解釈など、哲学と融合し始めた現代物理学の考えに近い。

人類、宇宙に住む』ミチオ・カク

今後科学技術が進歩し、人類は宇宙に進出する。それはおそらく間違いないだろう。如何にして宇宙へ出るか、火星へ入植するか。そこには自己複製するロボットや、AI、クローン、遺伝子操作、そして不死などの今後実現が予想される技術が関係していくのだが、それらの科学的解説そして倫理的・哲学的解説が興味深い。

火星への入植は序の口とばかりに、地球外生命探査や、文明タイプの移行(カルダシェフによる文明の尺度)、ワームホール、超空間の居住、外宇宙への脱出、ついには多次元への進出…とSF好きにはたまらない話が続く。

個人的にはアルクビエレ・ドライブにワクワクした。名前がかっこいい。

なぜ生物には寿命があるのか』池田清彦

近年私が気になっているテーマ、「不死」と「不死になった人間はどう生きる?」に答える一冊。

実は元々生物には寿命は無かったらしく、今でもバクテリアや大腸菌は環境さえ整っていれば生き続けることができる。進化上の細胞が複雑になる過程(原核細胞から真核細胞へ。遺伝子数も数千から数万に増える)で細胞に寿命が設定されたらしい。複雑さを獲得するために細胞死をインプットする必要があった、と。寿命と引き換えに可能性を手に入れたのである。

ちなみに有性生殖の真の機能はDNAの修復にあり、遺伝子の交換による多様性の発生は実は副次的な産物である、という説に驚いた。

本書は超長寿社会の可能性にも言及している。平均寿命300歳とか、そういう世界である。人はどう感じる?退屈だけど死にたくない、か?突拍子もないこと書くが、私は人間は最終的には詩を読むようになるのではないか。詩で世界を記述することで自身の生を確認するのである。創造でなく、確認のために。まあ別に詩じゃなくてもいいのかもしれないが。

蒼穹の昴』浅田次郎

さすが浅田次郎。19世紀末の清朝を丹念に描きながらきっちりとエンターテインメントに仕上げる。そしてヒューマニズム溢れる内容。キャラの立て方がうまく、そこは個人的には漫画・刃牙シリーズ作者の板垣恵介に近いと思う。主人公より李鴻章がとにかくかっこいい。イギリス公使との香港租借交渉のシーンがズバッと印象に刻まれる。

文句なしに面白いし、生きる気力というのが湧く名著。

 

現代に息づく陰陽五行稲田 義行

デザインの仕事でちょっと必要があり、東洋の陰陽思想、五行などの本をいくつか読んだ。こういう古代の思想・占いってのはたしかに根拠は無いのだが、だからと言ってまったく無意味なものでもないのかなと思った。思考の手助け、今風に言えばフレームワークみたいなものなのではないか。問題を解決するにあたって、木火土金水という抽象的な象徴を持って物事を整理・分類し、そこからは各人の経験・洞察力で答えを出す。占いそのものには答えは存在しないが、答えを導くためのツールになりえるのではないか。

 

三体劉慈欣

今年話題の1冊。

三体問題という物理学の問題を初めて知った。それは相互作用(万有引力)する3つの物体の運動を正確に予測することはできない、という問題なのだが、神はサイコロを振らないはずの物理の世界において解が存在しないという絶望。それを認めない三体人、そして三体人に抗う人類。

現代物理学の様々なエッセンスが盛り込まれている。まあSFだから当然だけども。終始不穏な雰囲気で話は進む…と思いきや終盤でグッとエンタメ感を増し戸惑ってしまった。テーマがここにきて提示されたということか?三部作の序作なので当然っちゃ当然だけども、それなりにページ数の多い本でテーマが最終盤に見えてもな…。途中まで読者に問いが提示されていた気になっていたのだが…。

第2部の翻訳楽しみにしてます。

aiの遺電子 RED QUEEN』山田胡瓜 (漫画は読書数にカウントしてません。でも書きたかったので)

いやーすごかった。

「人間とは何か」が古今東西の創作物に通底するテーマだと私は思うのだが、AIや不死などのそう遠くない未来に実現されるであろう科学がその人間というものを不確かなものにする。人間としての輪郭を失う世の中。

「俺は…計算機上の情報でしかないと…?」

超AI同士の議論は見ごたえがあった。AIが“魂”という言葉を使うとは。

「限りある生」が人間なのかもしれない。過去に拠って立ち、今を生き、未来に続いていきたいと欲するのが人間なのかもしれない。

だとしたら主人公たちは…

一つ言わせてもらえば、良いキャラクターってのは勝手に作者の下を離れ、読者の心で生きるものである。この漫画の描こうとする未来、突き付けられた問いは凄まじいものがある。しかし一方でそれとは関係なくこの漫画のキャラクターたちには幸せになってほしいとも思った。

 

 

 

うん、今年もいろいろ読んだな。ヨシ!

 

来年はどんな本を読もうかな

ごぶさたです-10・11月-

ご無沙汰しておりました。気づいたら2カ月更新していませんでした。生きてます。インフルにかかりはしましたが。調べてみたら今まで1ヵ月に1度は更新してたみたいです。

●郡山に研修旅行に行ってきました

福島県郡山市にCCGA(現代グラフィックアートセンター)という版画専門の美術館があり、そこの展示を見に行きました。

初めての郡山を堪能しました。

東京から高速バスで4時間ほど。片道2,500円でした。宿も平日でやっすいのを探したのでだいぶ格安旅行に仕上がりました。フリーランスの特権でしょうか。

 

●ウェアハウス川崎見てきました

川崎にある伝説のゲームセンター、ウェアハウス川崎が閉店するということで急いで見に行きました。ウェアハウスって言うから何かホームセンター的な店舗かな?と思ってたのですがゲームセンターだったんですね。しかもあの香港の魔窟・九龍城を再現した内装で有名だそうです。

九龍城への愛が随所に感じられました。かつての九龍城は犯罪の温床と呼ばれていたそうですが、じつは中で経済圏ができあがり、自治もなされていて、病院なんかもあったそうです。とくに歯医者が多く営まれてたそうです。九龍城にゲーセンがあったとしたらこのウェアハウスみたいな感じだったのでしょうね。

閉店を惜しむ多くの人でごった返しておりました。中には外国人の方も多く見られました。クールジャパン!って感じでしょうか?クール香港?

●展示をちらほら

オザキエミさんイラスト展示@THE LOCAL COFFEE STAND(青山)

紙わざ大賞展@交通会館

カール・ゲルストナー@GGG

●印刷工場の見学に行きました

箔押しで有名な美白ワタナベさんと、パッケージで有名な協進印刷さんの工場を見学しました。

内部の写真をお見せできないのが残念です。

●インフルエンザにかかりました

インフルエンザのせいか新薬のせいか分かりませんが不思議の国のアリス症候群みたいなのを発しました。体の内部で抽象的な物体がとてつもなく大きくなっていく感覚に襲われました。

●草野球でオールスターMVP獲りました

所属してる草野球リーグのオールスター戦(といっても特別に選ばれて出場するわけではなく、有志によるお楽しみ試合的なものです)で投げては4回2失点、打ってはタイムリー3塁打の成績をおさめMVPをいただきました。今年は何らかの賞が欲しいと思ってたのでとてもうれしいです。来年はシーズンMVP獲りたいな。

 

伊豆見香苗・チャンミー 2人展『たのしい生活』

Twitterでお見掛けして以来何故か気になって仕方ない“今をときめくクリエイティブキャット”『チャンミー』の絵画作品の展示がされているということで間隙を縫って阿佐ヶ谷VOIDまでお伺いしました。(阿佐ヶ谷VOIDは以前ZUCK氏が個展をされたところ。阿佐ヶ谷駅から歩いてすぐ)

“伊豆見香苗・チャンミー 2人展『たのしい生活』” の続きを読む

10月になってしまいました

前回のブログから1ヵ月以上たちました。10月になってました。

まだまだ先の事と思ってた消費増税が気づいたら行われてました。今日110円発泡酒の発泡酒を買ったらレジで121円だったので、やっと気づきました。その道すがらしょうもない話を思いつきました。頭の中でA氏とB氏が会話を交わしていました。

“10月になってしまいました” の続きを読む

展示終了御礼

遅ればせながら、8月初旬に行われた我々の展示、無事終了いたしました。ご協力いただいた方々、ご来場いただいた方々、多くの皆様に感謝いたします。(無事終了感謝というかそもそも無事開催できたことが感謝ですが…) “展示終了御礼” の続きを読む

伊藤耕平・高宮宏之 二人展「振動、放射、反響」

絵画の展示をします。友人の物書き高宮君との二人展です。自分たちにとって初めての自主展示なので準備やら制作やらで忙しくさせてもらってます。私はアクリル画を、高宮君は小説を展示します。自分たちにとって夢の第一歩です。 “伊藤耕平・高宮宏之 二人展「振動、放射、反響」” の続きを読む

今日のメモ

・ブランドのあり方が変わってきている。80年代90年代は太陽のように上から照り付ける存在だったが、今はとなりで寄り添うヒーターのような存在

・課題と解決という2つの隔たりがあったとして、直線で最短距離で到達する人が成果を出す。曲線で遠回りする人が企業文化を創る。文化は環境と言ってもいい。成果を出す人、文化を創る人。永続するための両輪

・今しか見ない日本人。どうしたら長期的視野を持てるか。それは愛に他ならない。自社のブランド・製品に愛があれば、短期的目標ではなく、長く生きながらえてほしいと思うはず