グループ展@青山見本帖 印刷立ち合い

日本を代表する箔押し加工専門会社、美箔ワタナベさんへ印刷立ち合いにお伺いしました。

久しぶりの印刷立ち合い。予算の都合上か校正刷りすら出さない昨今ですが、やはり現場に足を運ぶのは大事と実感いたしました。特に今回は特殊加工の立ち合い。発見が多く、大変勉強になりました。

以下を参考にしていただければと思います。

●箔押し加工の当日立ち合いでできること:箔の種類の変更、箔を押す強さ・温度の調節

●できないこと:版の修正。版はもう出来上がっちゃってますからね。

●できるかできないか場合による:用紙の変更。在庫があればいけるか…?

版を押す強さと温度で、箔のヌケとムラが変わってきます。しっかり押せばベタ面のムラは出てきません(うまくいかないとピンホール的な微細な穴が出てくる)。しかしその分細い線や輪郭のヌケ(くっきり感)が甘くなってしまいます。

これがムラ。本来はベタなデータだが、どうしても均一に剥がれてくれない
うまくいった例。細い線はくっきり、ベタ面はペッタリ

試し刷りを何度かして問題点を抽出します。ここで大事なのは、この最終段階においては全てを解決するのではなく、何を活かして何を目立たなくさせるかという取捨選択です。今回の例でいえば、線をくっきりさせるか、ベタ面をキレイにするか、です。黒い用紙だと箔とのコントラストでムラが目立つけど、白い用紙だとコントラストはあまり無くムラは目立たないので、じゃあ多少のムラは出てもいいので線をくっきりさせてくださいという判断になります。逆に黒い用紙は線のくっきりはあきらめて、ムラは出ないようにしてください、となります。

しかし印刷した現物はほんと素晴らしい。デザイナーが作った版下に最後の魔法をかけてくれるのは印刷です。自分が作ったデータが顕現されるときはいつも新鮮な喜びを感じます。

溜息ものでした
試し刷りですが、箔にまた別の箔が押されるとウットリするような世界が現れる
妖しくミステリアスなレインボー箔
ビルとそのテクスチャーの相互作用が世界を生む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です