伊藤耕平・高宮宏之 二人展「振動、放射、反響」

絵画の展示をします。友人の物書き高宮君との二人展です。自分たちにとって初めての自主展示なので準備やら制作やらで忙しくさせてもらってます。私はアクリル画を、高宮君は小説を展示します。自分たちにとって夢の第一歩です。

こんな感じの…

テーマ…というほどでもないけど、絵に込めたいのは、「思い出の感触」みたいなものです。私は昔のことってけっこう覚えている方なんだけど(律儀に日記も残しているし)、でもそれは場所や話した内容などの“情報”であって、そのときの気持ちや感傷みたいなものは年々薄れていっており…

学生の頃の、サークルの部室であてどもなく過ごした夏の日、外ではセミが鳴いてて、明日も昨日も無く、何者でもなくただ漂流していたあの不安なような自由なような気持ち…甘酸っぱかったり青臭かったりするが豊饒な瞬間が流れていた。今やそんな瞬間の感触は少しづつ鮮度を失ってきている。そのことに焦りを覚えている。

私の絵はアクリル絵の具をペインティングナイフで紙に直接塗り付ける手法で描かれている。調べたわけではないが、そんなに珍しい手法ではないだろう。これは大学3年の頃、サークルの演奏会のポスターを描くために編み出した、というか突然やりはじめた手法である。

大学3年の頃、部室近くにて

30も半ばになった今でもこの手法で描いている。抽象と具象はこだわっていない。描く中で過去の自分を発見するような気がする。一筆一筆があの日々の一瞬であり、描き上げた一枚は永遠である。

私は個人的な感傷をもとに描いているが、高宮君はまた別の位置から小説を書いている。彼が書いた本展示の序文から一部記す。

音楽は、生まれては消える泡のように、弾いているその瞬間にだけ存在している―――。
はたしてそうなのだろうか。
夜中に聴くともなしに聴こえる耳鳴りは、ただの耳鳴りでしかないのだろうか。

弦の振動は、どこまで放射され、いつまで反響するのか?

私と彼は切り口は違うが、表現したい根本のところは同じ方向を向いている。絵と文、この両者の響きあいを見てもらいたい。

 

伊藤耕平・高宮宏之 二人展「振動、放射、反響」

2019.8.3(sat)11:30-19:00

gallery+cafe blanka(名古屋・丸の内)

http://www.blanka.co.jp/gallery

 

8月1日より展示が始まるのですが、実は一般開放は8月3日の一日のみになります。8月1・2・4日はギャラリーで名古屋ギター講習会という音楽イベントが開かれ、そこの壁面を飾らさせていただき、参加者の皆様にご覧いただくかたちになります。イベント主催者の生田直基君にはお声がけいただきまことに感謝いたします。会場のblankaもすばらしいカフェ&ギャラリーです(ワインと食事が美味!)。イベント開催日もタイミングによってはギャラリー観覧可能ですので、カフェでお茶でも飲みながらお待ちいただければと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です