中国人をアテンドしたら疲れたの巻

急遽私の友人の中国人の日本観光アテンドをすることになった。近年の中国人の日本旅行スタイルの変遷は目まぐるしく変わってきている。2010年代初頭は爆買い!団体旅行!TOKYO!SUSHI!と紋切り型の観光スタイルだったが、2010年代後半は個人旅行者が増えたのも相まって彼らの旅行スタイルは細分化してきている。今回は北京在住30歳女性の個人旅行のアテンドをしたので、そこから得た現代中国人の1サンプルをご紹介したい。

初日から私は“わざわざ”成田空港へ迎えに行った。羽田にしてくれればいくらか楽なのだが…中国人からすると『成田』と『羽田』の区別は紛らわしく、とにかく東京の空港に行けばよかろうと認識されているみたいだ。1番安価に都心へ行ける京成線に乗り、「1時間以上かかるよ」と告げると「なぜそんなにかかるの!?」と言われる。ゴメンネ、日本の空港は遠いのさ…。「日本人は電車の中でうるさくしないのね!」成田から出たばっかだから乗ってるの外国人なんですが…。

次の日私は彼女に茶道を体験してもらおうと白金台にある八芳園へ連れて行った。ここには見事な日本式庭園と150年の歴史を持つ茶室があり、ひそかに海外の方に人気を博しているスポットである。

こちらでは茶道が体験できる。立礼式が一人2,160円、広間席(和室でじっくり)が一人8,640円。結論から言うとおそらく広間席の方が喜ばれるだろう。今回は予約が詰まってたので立礼式にしたが、割とあっさりと終わったので彼女はコスパ的にどうなんだと、喜び半分・少し不満のようであった。ただもてなしてくれた方は英語と中国語の解説を準備してくださっていって、とても助かりました。茶室だ千利休だ何だを通訳するのは骨が折れる…。庭園はタダで入れるのでぜひどうぞ。

と、観光初日にして彼女のカメラのレンズが壊れる。彼女は写真家でもあるので、曰く「カメラが無いのは手が無いのと同じ」だそうで、西新宿の中古カメラ街へ連れて行く。カメラのキタムラで見てもらうも修理に一カ月はかかるし費用もかかると。では中古のレンズを探そうとなったのだが、これはどこの国の人も同じなのだろうか、いわゆる女の買い物は長い、である。最近はネットで見れば最安値が分かるのだが、自分の眼で確かめないと気が済まないらしい。ネットの中国人コミュニティに聞いたらしく、ビックカメラとヤマダ電機に行きたい!と言ってきかない。私は言う。ビックカメラとかに言っても中古は無いし、基本定価だぞ、と。それでも口コミ文化が強力な中国、眼の前の日本人の言うことは聞いてくれやしない。結局ビックでもヤマダでも見つからず、西新宿の中古カメラ屋に戻って買う。よかったね(怒)!

せっかく新宿に来たのだからと都庁へ案内。東京の街並みを貴方に見せたい。無料でな!!スカイツリーも六本木ヒルズも展望室に行くには金がかかる。その点都庁はタダである。免費!!

晩飯をどこか日本料理の店でと思ったがご本人が日本のスーパーを見てみたいとのことで、スーパーで買い物をしてうちに帰る。

 ピンボケ失礼

流石中国人、料理はうまい。豆腐煎(中国式豆腐ステーキ?)、小松菜炒め、もやしの卵炒め、豚肉の西京漬け焼き。豆腐ステーキは豆板醤と醤油で香ばしく濃厚。

翌日は一人で観光していただいて、夜に新宿で合流。ベタベタだが新宿ゴールデン街へご案内。目論見通り東京ローカル感をお楽しみいただく。「深夜食堂の世界ね!」そう、深夜食堂は中国でも人気なのである。料理店のオヤジと客のカウンター越しの交流が新鮮だそうだ。深夜食堂の店は無いが、せっかくなので店主と交流できる飲み屋へ。写真家の集まる飲み屋、『こどじ』。森山大道氏も来られるという名店。狭い店内に所狭しと写真が飾られ、日によっては展示もしている。本日は展示があり、幸いなことに写真家ご本人も飲みに来られて、せっかくなのだからと彼女の写真作品を見ていただいた。「刺激的だね~。どんどん発表するといいですよ」とのお言葉をいただき彼女満足僕満足。このお店は飲み物一律600円(お通し600円)、食べ物は近隣の店から出前可能、かわいい女性マスター、写真集見放題の素敵なお店。芸術方面お好きな外国人の方には喜ばれるでしょう(外国語不可ではあるが)。

続く!(多分)

 

おまけ

西新宿の理容室広告。「こんなセクシーな広告中国には無い!」だそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です