クアトロ・パロスコンサート~佐藤弘和氏を讃えて~

感情や思い出を閉じ込めた風景を音符で描く作曲家、私は佐藤弘和氏をそう讃えている。

去る2018年11月28日、代々木八幡にあるクラシックの殿堂・ハクジュホールにてクラシックギターカルテット『クアトロ・パロス』の単独公演が開催された。2016年末に惜しまれつつ逝去された作曲家兼ギタリストの佐藤弘和氏の楽曲を演奏する(1曲除く)、佐藤弘和作品展の続編とも言えるようなプログラムである。

SET LIST

第1部

・想い出のラベンダーヒル

・20歳の頃

・Prism Railway ~佐藤弘和氏を讃えて~ (松岡滋作曲、世界初演)

・Canary[西へ/竜血樹の島]

第2部

・水幻譜(小関佳宏編曲)

・やまと幻想

・光の街 四重奏ver.(小関佳宏編曲)

ENCORE

・東京湾岸高速

 

佐藤氏が音楽で描き出す光景はいつも光を湛えて、瑞々しくて、爽やかで、そして広がるような思いやりがある。曲を聴くと自分の若かりし頃の様々な思い出や気持ち(歓びだったり、甘酸っぱさだったり)を呼び起こしてくれるところが私が佐藤楽曲を好きな理由でもある。(ちなみに若々しさも佐藤楽曲の特徴かなとも思うのだけど、これは大学ギターサークルに曲を献呈することが多いからというのもあるのではないか)

ますは今コンサートある意味一番の注目の、松岡滋氏による佐藤氏トリビュート楽曲『Prism Railway ~佐藤弘和氏を讃えて~』。演奏前にパロスの2ndギター多治川氏がMCで「佐藤先生に会いに行けたらいいな…そういう曲です」と言っていたが、まさにそういう曲で、Prism Railway、列車に乗ってキラキラ輝く光のトンネルをくぐりぬけるような導入、トンネルを抜けたら佐藤楽曲の風景が眼前に広がることを意図したように佐藤楽曲のオマージュが散りばめられている。作曲者の松岡氏と演奏者のクアトロ・パロス、彼らの想いが伝わってきて佐藤チルドレンを自称する私は胸が詰まるような想いがしたのであった。ちなみに多治川氏の先のMCには続きがあって、「(曲の世界から)帰ってこれるかな?」とお茶目なことを言われたのだが、何とか帰ってこれました 笑。

続く『Canary』。初めて聴いたのは2016年末の佐藤弘和作品展vol.6にて、これもクアトロ・パロスの演奏であったが、曲の持つ彩りと物語性(自分は手付かずの自然に鎮座する樹々の様々なグリーンとブラウンを感じたのだが皆様いかがでしょう)、そしてパロスの鬼気迫る演奏に大いに感動&驚愕したのであった。今回も曲の持つ圧倒的スケール感とそれを再現するストーリーテラーとしてのパロスの実力を見せていただいた。

第2部の『やまと幻想』、実は初めて聴くのだが、こういう一面もあるのかと。佐藤氏は風景を描き出す作曲家であると述べさせてもらったが、この曲はまた違う面なんだな、と。珍しく(?)シリアス。そして技巧的。自分にとって新たな佐藤氏像が見れて嬉しいです。

ラストは定番曲『光の街(四重奏ver.)』。元々は三重奏であったのを佐藤氏の愛弟子小関佳宏氏が四重奏用に編曲したものである。とてもステージ映えする盛り上がる曲で、フィナーレにふさわしい仕上がり。元々の三重奏バージョンは東北福祉大クラシックギター部に献呈されたもので、仙台の街の光をイメージした曲、と聞いている(私も僭越ながら佐藤弘和作品展vol.6のパンフレットデザインで光の街をモチーフにしたビジュアルを作成させていただき、有難いことに佐藤氏や関係者にご好評いただけたのだが、そのときは仙台の街の光を遠くから見る、つまり憧れを表現してみたのであった)。そして今回の四重奏バージョンはかなりパワーアップしており、仙台の光を越えてラスベガス!?の光を感じさせる。この四重奏ではいつも包容力のある演奏で皆を支える4thギターの前田氏が打って変わってキラキラした装飾を担当しているのも注目である。個人的にはなぜ前田氏が担当してるのか、意図や想いを聞いてみたくもある。

アンコールは『東京湾岸高速』。私にとって思い出深い曲である。私は2009年佐藤弘和作品展vol.1の宣伝物デザインを一手に引き受けたのだが、パンフレットの表紙をチラシと同じビジュアルで統一感を持たせようと考えていた私に佐藤氏から別のビジュアルにしてほしいとの要望が入り、デザインのセオリー的にはどうかな…とも思ったがトライすることにし、結果的には関係者も自分も喜べるものができた。そしてそのビジュアルモチーフが『東京湾岸高速』であったのだ。アンコールにこの曲を持ってきたパロスはニクい。きらめくようなドライブ感のあるこの曲は気分を高揚させる。「このコンサートは終わりじゃなくて始まりなんだ」そういうメッセージを感じる。

会場では出来立てホヤホヤのクアトロ・パロス3rdアルバム「Recuerdos」が先行販売されていた(正式な発売日は佐藤氏の命日、12月22日とのこと)。こちらもほぼオール佐藤弘和楽曲だ(1曲は先述の松岡滋氏の曲、もう1曲はカバレフスキー氏の曲を佐藤氏が編曲したもの)。まずジャケットデザインに「んん?」と思った。なんだろう、このクラシックCDらしからぬしっくり感…。自然で素直なビジュアル。聞けば使われている写真は佐藤氏が生前iPhoneで撮ったものとのことで、なるほど何の衒いも無くそれでいて家族への密かな眼差しがつまった良き生活写真だなあ、と。そして担当されたグラフィックデザイナーの方の素晴らしい美的感覚によるレイアウト、虚飾のないデザイン。CDを聴く前から胸が満たされる。本当にいいジャケットだと思う。そしてブックレットにはパロスメンバーによる佐藤氏へのメッセージがあり、こちらもぜひお買い求めのうえ確認されたいと思う。

CDのお求めはこちらから。

https://www.gendaiguitar.com/index.php?main_page=product_info&cPath=247_249&products_id=142610

クアトロ・パロス コンサート情報

http://quattro-palos.com/concert.html

 

興味を持たれた方は演奏も聴いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です